『ハルカナソラ』 応援中です!
『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています!
komyu_20090924022237.jpg
 [D さん]
 D-space
 [すもねっち さん]
 裏茴香
 [クロっち さん]
 kuro_chiHP
 [ココロ さん]
 ブルーレモネード
 [Free(このブログの管理人)]
 ゲーム紹介 ~2次元妄想人日記~     
【シグナルハート】応援バナー

スポンサーサイト 

最終更新:--時--分

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【レビュー】てとてトライオン! 

最終更新:08時07分



てとてトライオン!


ブランド:PULLTOP
価格:\9,240 (税抜\8,800)
発売日:2008/08/29
ジャンル:真夏の学園で恋を謳歌するAVG
原画:たけやまさみ、いくたたかのん(SD原画)
シナリオ:椎原旬、下原正

↓関連ページ
【情報】てとてトライオン

 


てとてトライオン!レビュー(というか感想?) 
細かく考察したものではなく、感じたままに評価しただけです。   

シナリオ


「真夏の学園で恋を謳歌するAVG」というジャンルの通り、学園内で起こるトラブルに巻き込まれたり、会長の企画するイベントで盛り上がったりと、学生らしいイベントだらけのドタバタラブコメ
ゲーム序盤からテンションが高く、学園システムのトラブルをトライオンで解決していく~という展開ですので、退屈するところなくシーンが進んでいきます。
そういった「退屈しない展開を作る」という点では、トラブルポイントにアクセスできる「トライオン」は一役買っていると思いますが、欲を言えばもう少し細かく触れて欲しかったかも。

キャラクター
気になったヒロインは「一乃」ですw
大事なときにはちゃんとカリスマ会長ですが、本性は若干いい加減で甘えんぼ。
個別ルートに突入するとやたらと初々しい反応に…(゜Д゜;)
プレイ前には「暴走してリボン巻きでプレゼント」をするキャラになるとは思っていませんでしたw
他のキャラもシナリオで感じたイメージだけ書くと、
夏海は元気娘。終始この印象ですw
鈴姫は暴走娘。ルートに突入すると序盤以上にこのイメージが強くなりますw
手鞠はラブビーム天才娘。共通ルートから主人公にラブビームが出ていますのでこんな印象に(´Д`;)
個別シナリオでもかなり甘えてくるキャラです。
イラスト


CGの枚数は差分抜きで97枚、【通常CG67】【SDCG30】。
CG個別に分けられていませんので【通常CG】を適当に内訳
【夏海14】【手鞠13】【一乃15】【鈴姫15】【その他&複数10】です。
多分こんな感じじゃないかとw
ゲームプレイ中はCG見るだけでも「勢いのあるドタバタラブコメ」だと分かりそうだなぁ…と思っていたのですが、改めて確認してみると、通常CGはそこまでドタバタCG率が高くはないんですね。
CGの画風と、SDCGを上手く使っていることによる感覚かな?
「ドタバタラブコメ」に分類していい作品だと思いますので、そう感じさせてくれるCGはかなり良いと思います。

エロ


H回想は全部で16シーン。内訳は、
【夏海4】【手鞠4】【一乃3】【鈴姫5】です。

同じシーンに含まれているかと思ったものが、別シーンとして分けられていたりしますので、実際にはもう少し少ないかも。
とはいえ、シーン自体が短いというわけではないのでご安心を。
グチュ音等のSEはありませんでした。
シーンはゲーム終盤に集中しており、雰囲気も純愛色です。

オススメ


テンションの高いドタバタラブコメが空きな人にオススメ。
ゲーム中で起こるイベントはテンションの高いものが多いので、トラブル解決も学園内イベントも楽しめます。
ですが、個人的にはインパクトに欠けると感じた部分もありましたので、ストーリー展開に不安を感じている人は少し注意。

その他 


  
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

『天空のユミナ』論説部(弓那&雲母&藍)
サガプラネッツ最新作
『ヨスガノソラ』 応援中です!
『るいは智を呼ぶ』を応援しています!

Garden 「シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION」
管理者挨拶

ご訪問ありがとうございます。コメントとか残してもらえると嬉しいです。

メールはこちらから

メールソフト等からのご連絡は
mousou86_uhaok@yahoo.co.jp
  • 管理者ページ
  • 最新コメント(10件)
    店舗特典情報
    ゲーム特典用ブログ
    ↓最後に更新された記事↓
    萌えチラ
    萌えチラ
    ↓最後に更新された記事↓