『ハルカナソラ』 応援中です!
『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています!
komyu_20090924022237.jpg
 [D さん]
 D-space
 [すもねっち さん]
 裏茴香
 [クロっち さん]
 kuro_chiHP
 [ココロ さん]
 ブルーレモネード
 [Free(このブログの管理人)]
 ゲーム紹介 ~2次元妄想人日記~     
【シグナルハート】応援バナー

スポンサーサイト 

最終更新:--時--分

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【紹介記事】奪痴人妻(ダッチワイフ) 

最終更新:21時00分

奪痴人妻(ダッチワイフ)


ブランド:

MarryBell

定価:

\3,360 (税抜\3,200)

発売日:

2008/05/16

ジャンル

人妻凌辱調教AVG

原画

らくじん

シナリオ

なかじまたかし

 

通販会社リンク
店舗特典特典有/円特典無/円送料無料キャンペーン
ソフマップ 28801000円以上無料
ぷらてぃあ 33204000円以上無料
とらのあな 8001円以上無料
メロンブックス  10500円以上無料
RX-GAME 3190 15000円以上無料
メディオ 3024 3000円以上中古無料
Amazon   1500円以上無料
Getchu.com2980  
メッセサンオー 3080  
グッドウィル   
コムロード  
古川電気 3100  
メディアランド   
アールドリーム 2950  
じぇいがれ~じ 3129  
ねっと宝島3129 
ゲーマーズ    
オフィシャル通販    

個人で確認しているため、確実な情報とは言えない状態です。また、送料無料キャンペーンや商品の値段等は変更になる可能性もありますので、必ず商品購入前にお確かめ下さい。このサイトの情報を元に何らかの損害を被ったとしても当サイトからは保障できませんのでご注意下さい。

送料のキャンペーンに関しては月に一度程度の頻度で確認を行う予定です。


 関連商品(情報調べるの面倒なためAmazonリンクにしていますので注意)



ストーリー

主人公・陰能正規(かげのまさき)は、反社会性人格者──ひらたくいえば、人間のクズだった。
人間社会の裏街道を放浪する彼であったが、ある日、母親から「おまえには、生まれてすぐ他家にひきとられた双子の弟がいる」と知らされる。
調べてみると、一卵性の双子の弟は資産家の夫婦に引き取られ、なに不自由なく育てられ、一流大学をで、一流商社で着実に実績を重ねるエリートに成長していた。おまけに、年上の美貌の妻を娶っていた。
かたや自分は、幼少時からアル中の父親にさんざん暴力をふるわれ、ドン底の貧乏暮らしでロクに教育も受けられず、なにひとつ報われることのない人生を歩んでいる。
この差はいったいなんなんだ?遺伝子はおなじだ。
オレが引き取られていたなら、オレがエリートの道を選み、美人妻を手にいれていたはずだ。
そう考えると、無性に憤りと口惜しさをおぼえてしまう。

あげく。
彼は、弟にすりかわり、弟の財産を、地位を──そしてなにより、弟の妻を奪ってやる!と、決意する。
周到な計画の末、双子の弟をある場所に拉致監禁することに成功した彼は、「夫」として「美人新妻」に接していく。
が、やがて自分がニセの「夫」だとバレるや、本物の「夫」の生命と引き替えに、「妻」に奴隷契約を強要する。
彼は、美しい女を犯し、穢し、調教し、従属させることに悦びを見いだすサディストでもあった。

かくて──彼は、弟から奪った「妻」に、容赦のない責めを、過酷な調教を加え、女としての尊厳も矜持も羞恥も、なにもかもを奪いとっていく。
さらに、彼のとどまることのない欲望は、「弟の親友」の「妻」にまで毒牙にかけてゆく。
“奪う”ことに執着する狂った男の、淫惨な凌辱調教劇の行き着く先は……!?


 

体験版レビュー 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

『天空のユミナ』論説部(弓那&雲母&藍)
サガプラネッツ最新作
『ヨスガノソラ』 応援中です!
『るいは智を呼ぶ』を応援しています!

Garden 「シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION」
管理者挨拶

ご訪問ありがとうございます。コメントとか残してもらえると嬉しいです。

メールはこちらから

メールソフト等からのご連絡は
mousou86_uhaok@yahoo.co.jp
  • 管理者ページ
  • 最新コメント(10件)
    店舗特典情報
    ゲーム特典用ブログ
    ↓最後に更新された記事↓
    萌えチラ
    萌えチラ
    ↓最後に更新された記事↓